こんにちは、小田恭輔です。

当院は、整形外科や整体・カイロなど色々いったけど改善しないので諦めている人が、南区で唯一私たちだけが提供しているトリガーポイント整体を受けることで、今までの痛みがウソのようになくなる、そんな整体院です。

その結果、今の職業が天職だが、腰痛が原因で復帰できない、ずっと続けられないかもしれないと悩んでいる方が、復帰できたり、ずっと続けられると希望を持てるようになっています。

ではそういう結果を出せるトリガーポイント整体とはどんな治療法なのでしょうか?

「流れ作業の様なマッサージでは無く、痛みを取ることを目的としています。」

整体というと「全身もみほぐし」の様などんな人が来ても同じ内容の施術を連想される方もいらっしゃると思います。

当院ではリラクゼーションや癒しではなく、痛みを取ることを目的としています。

人は仕事や日常生活のクセで知らず知らずのうちに固まってしまい痛みがでてきます。同じ腰痛でも人によって原因が異なり、その見極めが重要です。

カウンセリングや検査をしっかりと行ったうえであなたの身体に合わせたオーダーメイドの施術を行っていきます。

 「骨盤や背骨のズレを直すバキバキする施術では無く、機械を使わず筋肉を手のみで調整していく施術です。」

トリガーポイントとは、痛みの原因となる「筋肉のしこり」のことです。

このしこりを取っていくには機械や道具を使った施術よりも、手で微妙な加減を感じながら行う施術が最も効果的です。

私はこの感覚を養うためにこれまで500万円以上かけて勉強してきました。施術は7年間で4369人の痛みを改善に導いた院長である小田が自ら行います。

当院へ通うことでどんどん良くなっていった患者さんたちの一部をご紹介

看護師30代

元々、腰痛持ちだった私は、野間カイロに通う前に、腰痛が悪化し2か月間も看護師の仕事を休んだ経験があります。

看護師はもちろんやりがいのある仕事ですが、かなりの重労働です。2時間おきの体位交換や入浴介助、しゃがんでの尿量測定…。
腰以外にも身体への負担がかかり、多くの同僚が整体やカイロに通っています。

今回も休職した時のような激しい腰痛。「また2か月間も休まないといけないのでは…」「この仕事、私に向いてないのかもしれない」とかなり落ち込みました。

ただでさえ忙しい看護師の仕事。1人休むとそれだけで他の同僚の仕事量が何倍も増えてしまう、同僚にまた迷惑をかけてしまうのが1番辛かったです。

そんな私が野間カイロに通い、たった3回の施術で職場に復帰できました。「腰を思いっきり反らしても大丈夫」なことにビックリし嬉しかったです。
今は月に1回ほどのメンテナンスの施術と、教えていただいた自宅でできる簡単な体操をして再発予防をし、看護師を続けています。

当院詳細

施術者プロフィール

小田恭輔

1983年生まれ。山口県下関市出身。現在は福岡市在住。妻と犬の3人暮らし。趣味は愛犬と遊ぶこと、日曜大工、釣り。

東京の専門学校で整体の資格を取得し、3年間整体院に勤務。2012年に開業。当初、親友の腰痛を直せなかった事がきっかけでリラクゼーションではなく、痛みを取ることのできる施術家になる事を決意。その後トリガーポイント研究所を中心に数々の勉強会に参加し日々技術の向上に努める。

アクセス

「野間四角」のバス停から徒歩3分
「高宮駅」から徒歩8分
「大橋駅」から徒歩14分

〒815-0041 福岡市南区野間1-16-7 皐月マンション1F

営業日のご案内

平日10:00~20:00
土日祝日10:00~17:00
定休日 火曜日

私たちは、本気です。

本気で、「腰痛が原因で職場復帰できない方が腰痛を克服して復帰できたり、ずっと続けられると希望を持てるように、日々努力しています。」

だから、本気で腰痛を克服したいと考えているのであれば、ぜひ一度私たちの整体院に来てみてください。

そして、どのような想いで施術をているのかを聞いてください。

施術を受けるタイミングとしてもっとも良いのは痛みがでて「すぐ」です。早ければ早いほど、改善も早くなります。

しかしながら、次に良いのはいつでも「今」なのです。

あなたとご縁がありますように。

初回

6,480円 (施術料5,400円+初検料1,080円)

施術時間 40分から50分

2回目以降

5,400円

施術時間 約40分

6回回数券

27,000円 (1回当たり4,500円)

ご予約

当院は予約制です。必ず予約を入れてからご来院ください。

お電話:092-512-5567
「ホームページを見て…」とお電話ください。

⇒インターネットでのご予約はこちら

 

24時間対応ラインでのご予約も受け付けています。

スマホの方はバーコードをタップ ↓ ↓ ↓

最後に