こんにちは、小田恭輔です。

今回は、当院が実際に指導している腰痛体操に中でも最も使用頻度が高いものをお伝えします。

腰が痛くてどこに行こうか迷っている方は、この体操をするだけでまったくお金をかけずに腰痛を軽減できるかもしれません。

こんな人に、この体操がをおすすめします。

仕事柄中腰が多い。長時間のデスクワーク。育児中。運転が多い。

こんな人は注意しましょう

圧迫骨折やすべり症など背骨に異常のある方

体操が1分もできない方は他の原因も考えられるので専門家にみてもらいましょう。

腰痛ストレッチのやり方

シンプルで簡単な方法ですが効果は抜群です。

①うつ伏せになります

②肘を立てます

③5分間このままの状態をキープ

④1日5セット(連続ではなく間を空けて)

以上です。

えっ!これだけって思いました?でもこれ効果があるんですよ。なぜ効果があるのかは後程、説明させていただきます。

解説

・このストレッチをしている時は出来るだけリラックスしてください。とくにお腹の力は抜きましょう。テレビを見ながらとか「ながら」ですると続けやすいです。

・はじめは必ず5分でやめてください。そのまま寝てしまわないように注意してください。

・顔は正面をみる様にしてください。下をみていると肩が凝ってしまいます。

・どうしても肩が凝ってしまう場合はクッションなどを胸の下に敷いてみてください。

このストレッチをすると腰が痛くなってしまう方へ

はじめの数回は逆に腰が痛くなってしまうことがあります。5分がキツイ場合は時間を減らしてやってみいましょう。

このストレッチはインナーマッスルである腸腰筋という筋肉のストレッチですが腰痛の方はこの筋肉が硬く縮こまった状態です。

どこの筋肉のストレッチもそうですがはじめは痛いです。しかしやっているうちにだんだん痛みがなくなって、柔らかくなってきます。

しかし、ストレッチを止めてしまうと筋肉は硬いままです。

ただ、激痛の場合は中止しましょう。

なぜこのストレッチが効果なの?

はじめの方にも書きましたが、このストレッチを特におすすめしたいのは、仕事柄中腰が多い、長時間のデスクワーク、育児中、運転が多いという方です。

実は、当院の患者さんとして最も多い方々なんです。そしてその方々には共通点があります。

1日の中で腰が曲がっている、丸まっていることが多いということ。

そうすると先ほど説明した腸腰筋がガチガチにかたまってしまう=腰に痛みが出ると、なってしましいます。

このストレッチは腸腰筋をピンポイントでストレッチできる最も簡単な方法なんです。

なぜ、このストレッチを公開したのか?

公開したら患者さんが来なくなるんじゃないか? と不安になりましたが、それよりもこの腰痛ストレッチを知ることで腰痛に悩んでいる人の助けに少しでもなればという気持ちで公開しました。

腰痛ストレッチと通院の組み合わせで腰を良く使う保育士の先生も痛みを気にすることなく仕事をされています。

保育士のOさんは腰が痛くて子供を抱けないと悩んでいました。

「子供が大好きで保育士になったのに抱っこできないのは情けない」と自分を責めていました。

さらに保育士は激務で拘束時間も長い。仕事が終わったあとも休む暇なく家事に育児。整体に通う時間もない。と諦めていました。

そんなOさんですが月に1回は通院する時間がとれるという事でそれ以外の時間は「腰痛ストレッチ」を徹底的にやってもらいました。

1カ月後の2回目の来院の時「身体が軽くて気が付いたら子供を抱っこしていました」と喜ばれていました。

 

腰痛ストレッチをしても痛みが取れないという場合は体に不具合が出ている証拠です。早めの対処をお勧めいたします。

当院詳細はこちら

※このストレッチが1分も続かない、痛みが強くでるという場合はこちら

福岡市南区で腰痛なら「野間カイロプラクティック整体院」
・営業時間:平日10:00~20:00 土日祝日10:00~17:00(火曜日定休)
・〒815-0041 福岡市南区野間1-16-7 皐月マンション1F
092-512-5567
当院案内
アクセス
患者さんの感想
予約フォーム
・お電話でのお問い合わせ092-512-5567