同じ腰痛と言っても痛みがでる時は人によってバラバラです。

座ると痛い人もいれば、寝ると痛い人もいます。

あなたがもし、「立ちっぱなし」や「歩く」と痛くなる腰痛ならこの先を読み進めて下さい。

特に今までに、

「病院へ行って検査もしたけど説明に納得できなかった」

「ブロック注射も効かない」

この先どうすればいいの?と途方に暮れている方は必ず目を通してください。

腰痛になると、周囲から色々なアドバイスを受けて結局どうすればいいのか分からなくなりませんか?

日本人の成人の4.4人に1人は腰痛があるといわれるます。

患者が多いだけに、アドバイスや院の評判も多い。

自力で治した人、病院や治療院で治った人は実際に自分が良くなっているので自信をもって「あれがいい、あそこがいい」と言います。

しかし、あの人はあの方法で治ったとしても、あなたの腰痛に通用するとは限りません。

なぜなら、 同じ腰痛でも原因は様々で改善方法も様々だからです。

あなたの腰痛の原因は何なのか?見極めていかないと適切な改善方法はみつかりません。

重要なのは、何をしている時に痛いのか?

どこに原因があるのか見分ける一番簡単な方法は「何をしている時に痛いのか?」ということです。

例えば、良く言われるのが財布をお尻のポケットに入れる人ってそのまま座ると骨盤が傾くので腰痛の原因になる。

でも、それが原因の人って座った時に痛みがでる人なんですよね。

「立ちっぱなし」や「歩く」 と痛みがでる人って座ると楽なんですよ。

なので財布をしまう場所を変えても、病院へ行っても、骨盤矯正をしても改善しない。

「立ちっぱなし」や「歩く」 と痛い人は、痛みが出ている時、つまり「立ちっぱなし」や「歩く」時に原因があるはずなんです。

立つ、歩くと出る腰痛の原因とは?

では立つ、歩く時に一番負担がかかる所は何処でしょうか?

腰痛の人は腰と答えたいでしょうが腰以外でお願いします。理由はこれから説明します。

ヒントは重力です。上から下に向かっていく力。

立つ、歩く時に一番重力を受けている所は何処ですか?

答えは足、足裏です。

人は足裏で体を支えています。立つ、歩く時の土台は足なんです。

土台が崩れる事で腰痛は始まる

家などの建造物もそうですが、土台が崩れると傾きます。

ピサの斜塔みたいに。

建造物だと傾いたままですが、人の身体だと傾くと倒れてしまうので補強してまっすぐ立とうとします。

補強とはグッと力を入れて傾いた身体をまっすぐに戻そうとする力です。

腰痛の人は 立つ、歩く時に身体が傾かないように、腰に力を入れ続けた結果、痛みが出ている状態なのです。

根本的な原因は土台である足なんです。

なので病院で検査を受けても異常が無いことがほとんどです。

お医者さんも腰の検査で異常がないのではっきりしない、曖昧な説明になってしまう。

それに、足に問題がある腰痛は骨盤矯正や背骨の矯正だけやっても意味がありません。

なぜなら、矯正しても立つ、歩くを止める事は生活していく上で不可能だからです。

足を使うと土台は崩れたままなので、すぐに元の悪い状態に戻ってしまいます。

足の機能とは?

ここまでで、足と腰痛の関係は理解していただけたと思います。

では、崩れた足の機能?とはどういう事でしょうか?

足の機能とは 立つ、歩く時の 衝撃をやわらげるクッションです。

足には3つのアーチがあり、そのアーチがクッションの役割をしています。

アーチがしっかりしていれば身体への負担は少なく、

アーチが減少するとクッション性が無くなり結果、身体への負担が大きくなる。

そして現代、足のアーチが減少している 日本人は7割にあたるそうです。

足の機能が退化した日本人

昔の日本は舗装されていない凸凹道に、わらじなど裸足に近い足で生活してました。

自然と足裏を使い生活していたので強い足を持っていたのです。

出典:neverまとめ

昔の日本食が良かったからこんな事が出来たという意見もあります。

確かに、それもあるでしょう。

でも、走る時も、重い荷物を担いで立っている時も地面を支えているのは足裏です。

昔の日本人は しっかりと身体を支えることができる足裏だったのです。

だから、こんなすごいことが出来ていたのです。

しかし現代は、

・舗装された硬い地面

・凹凸のない室内の床

・足裏を守るための硬く、厚い靴底

など、足裏を使わなくなり、足が退化しているのです。

昔の日本人が出来ていたことが現代では出来なくなった。

そればかりか、足裏が支えられないことで、腰痛などの痛みの原因になっています。

足裏力を磨く

 

まとめ

最後にまとめます。

立つ、歩くと腰痛が出る

立つ歩くと腰にいらない力が入って痛くなる

土台である足が機能していないからバランスを取るために腰にいらない力が入る

足の土台をつくる

身体のバランスが安定し、腰のいらない力が抜けて腰痛が良くなる

あなたの腰痛も足からきているのかもしれません。

「何をやっても効果を感じられなかった、」

そんな方は、

「足の機能を取り戻し、崩れたバランスをオンにする」当院独自のメソッドを試してみませんか?

福岡市南区で腰痛なら「野間カイロプラクティック整体院」
・営業時間:平日10:00~20:00 土日祝日10:00~17:00(火曜日定休)
・〒815-0041 福岡市南区野間1-16-7 皐月マンション1F
092-512-5567
当院案内
アクセス
患者さんの感想
予約フォーム
・お電話でのお問い合わせ092-512-5567