こんにちは、小田恭輔です。

日曜日に北九州の病院で開催された武学医術セミナーに参加しました。

武学医術とは?

武学医術は自分で自分を治す方法です。東洋医学みたいな内容で考え方が面白いんです。

例えば「元気」って言葉があります。普通「あの人元気よね」と言った場合いハイテンションなニュアンスで使いますよね。

でも武学医術的にはハイテンションはエネルギーが過剰な状態なのでその状態を維持しようとすると病気になってしまいます。

元気について考える

「元気」とは「元」もとの「気」なので本当はニュートラルな状態の事なんですね。

テンションが高くもなく、低くもない状態です。

でもテンションが偏った状態が続くとニュートラルな状態に戻す事って大変だったりします。

元気になるには?

例えば、ハイテンションな人ってどんな人ですか?

早口だったり、身振り手ぶりでよく動く人ですよね。

そうすると呼吸はどうなるでしょうか?

浅くて速くなりますね。

そんな時に1つ使えるのが深呼吸をして自分の心を落ち着かせることです。

息を吸って吐くことで自分の心をコントロールします。

「自」みずからの「心」こころと書いて「息」なんです。

ね、面白いでしょ?

こんな話興味あります?興味のある方は施術中なんかに聞いてくださいね~

福岡市南区で腰痛なら「野間カイロプラクティック整体院」
・営業時間:平日10:00~20:00 土日祝日10:00~17:00(火曜日定休)
・〒815-0041 福岡市南区野間1-16-7 皐月マンション1F
092-512-5567
当院案内
アクセス
患者さんの感想
予約フォーム
・お電話でのお問い合わせ092-512-5567