トリガーポイントとは?キャッチ G

「病院で○○と診断され、治療を受けているが治らない。」

「痛いので病院でMRIやレントゲンなどの検査をしたが異常なしと言われた。」

「接骨院や針灸などの治療院で痛いところの治療をしているが改善しない。」

あなたはどこに治療に行ったらいいか分からず悩んでいませんか?

トリガーポイントをご存じですか?

トリガーポイントとは、身体のあちこちに見られる硬いしこりや押すと響くような
痛みを出すポイント
で、慢性的に痛みのある方はご存知だと思います。

痛みやしびれなどの症状の大半はこのトリガーポイントが原因です。

それではトリガーポイントについてもう少し詳しくお話していきましょう。
あなたの痛みの原因が理解でき、今までの悩みがスッキリするかもしれません。

関連痛

トリガーポイントが起こす代表的な現象が「関連痛」です。

痛むところに原因が無く、他の部位のトリガーポイントが別の場所で痛みを
感じさせる現象で、痛みを解決するにはこの視点が欠かせません。

痛みに悩むあなたは、痛むところだけの治療をしていませんか?

例えば、腰痛の原因は腰だけではありません。

腰に原因は無く、お腹側にあるトリガーポイントが腰痛を引き起こして
いる可能性が高いです。

 

腸腰筋TP
(×がトリガーポイントで赤い所が関連痛です)

関連痛の視点がないと痛む所だけの治療に終始する事になり結果、痛み
が改善せずに悪化する一方で「家事ができなくなったり」「仕事を休んだ
り」と生活の質を大きく低下させてしまいます。

 痛みの連鎖

また、痛みを感じているところにも関連痛が生じ、その関連痛領域にまたトリ
ガーポイントが生じるという痛みの連鎖の視点も重要になります。

例えば腹筋にあるトリガーポイントが関連痛の連鎖によりたどりたどって
坐骨神経痛様の痛みを起すことがあるのです。

【腹筋】

SCAN IMAGE

腹筋にあるトリガーポイントが腰に関連痛を飛ばします

image
【中臀筋】

SCAN IMAGE

上の関連痛の影響でお尻の中臀筋という筋肉のトリガーポイントが活性化して
お尻全体に関連痛を飛ばします

image
【小臀筋】

SCAN IMAGE

すると今度はお尻の奥にある小臀筋という筋肉のトリガーポイントが活性化します。
小臀筋のトリガーポイントは坐骨神経痛にそっくりな関連痛を飛ばします。

古いトリガーポイントの関与

関連痛の連鎖では一番古いトリガーポイントの解除が不可欠になります。

上記の場合、
【1腹筋(一番古い)→2中臀筋→3小臀筋→坐骨神経痛にそっくりな症状】
の順となっていますので【2中臀筋】や【3小臀筋】のトリガーポイントだけ
解除しても一時的に症状は治まりますがすぐに再発してしまう可能性があります。

症状の再発を防ぐには一番古いトリガーポイントである【1腹筋】の解除が不可
欠となります。

あなたは「治療を受けたその時は良いけどすぐに症状が戻ってしまう」
と悩んでいませんか?

痛みの治療には連鎖の視点が重要です。

当院では問診や痛みの連鎖のパターンから一番古いトリガーポイントを
推理し治療する事で再発を防ぎます。

 

この様な症状の方が来院されてます

【頭・顔】

頭痛  めまい・耳鳴り  顎の痛み

【首・肩・腕】

首や肩の痛み  肩こり  寝違え  四十肩・五十肩  手の痛み・しびれ

【腰・背中】

腰痛  背中の痛み

【臀部・足】

坐骨神経痛 股関節の痛み  膝の痛み  足の痛み・しびれ  冷え性・むくみ

【全身症状・自律神経の異常】

便秘  生理痛・生理不順  食欲不振  慢性疲労 吐き気 古傷の痛み

 

不定愁訴の改善

その他にもトリガーポイントセラピーで様々な不定愁訴が改善されています。

疲れやすい、だるい、不眠、食欲不振、頭が重い、やる気がでない、いらいら
する、目が疲れる、ドライアイ、涙目、耳が詰まった感じ、口が渇く、味覚異常
息苦しい、動悸、血圧が変動する、手足が冷える、頻尿、尿が出にくい、残尿
感、下痢、便秘、胸が焼ける、お腹が張る、不安感、神経質 など。

 

 どんなことをするの?

当院ではトリガーポイントの関連痛や連鎖の視点から筋肉を治療していきます。

大きく分けると3つの段階を踏んで治療をしています。

すっきり

全体調整

最初にするのが全体調整です。
筋肉のバランスを整えたり、体の全体的な緊張を緩めたりします。

痛みの治療をしなくても全体調整をしただけで症状がかなり軽減する事も
あります。

痛みのある方の体はその痛みを体の様々な箇所でかばっているので、
独特な体のバランスができていてその状態で痛みの原因となるトリガー
ポイントを緩めると、バランスが崩れ、かえって症状が悪化することが
あります。

初回の方は特にバランスの悪い傾向があるので痛みの治療よりも全体調整を優先
しバランスを整えていきます。

 

痛みの治療

全体調整が終わったあとで痛みの治療に入ります。

痛みの連鎖や関連痛の視点から筋肉を特定しトリガーポイント
を緩めることで、痛みを緩和していきます。

さらに、その筋肉に関係する背骨や股関節などの関節にブロックがあると
筋肉が緩まないので解除していきます。

強い矯正は無く、できるだけ痛くない方法で治療をします。

治癒力阻害因子の対処

治癒力を阻害する要因を検査しアドバイスや施術をしていきます。

例えば内臓機能が弱っている方は、筋肉の回復が遅れるので内臓を賦活
する施術を行います。又、脚長差やモートン足などの構造的な要因がある
場合は下敷きを付ける等の対策をアドバイスします。

 

効果的な施術頻度

初めての方には6回の治療を短期間(週2回から週1回までの間)で受けることを
お勧めしています。

症状によっては2、3回の施術で改善する事もありますが、
この様な方にも6回短期で受ける事をお勧めしています。

理由は、恒常性にあります。恒常性とは慣れた方に戻ると言う体の性質です。

腰痛など慢性の症状がある方はそちらに体が慣れているので例え、2、3回の施術
で症状が良くなったとしても、恒常性によってすぐに悪い方に戻ってしまします。

良くなった状態でも、さらに2、3回の施術を受けると恒常性の影響で体が良い方に慣れていきます。

集中治療

 

 

当院案内

アクセス

地図 拡大

より詳しいアクセスはこちらをクリック

整体料金

初回 6,480円(初検料1,080円+施術料5,400円)
2回目以降 5,400円
6回回数券 27,000円(1回当たり4,500円)

当院のご案内 G

このページの先頭へ